福岡県では、29日昼過ぎから竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。
九州北部地方は、晴れの所もありますが、気圧の谷や湿った空気の影響により、概ね曇りで雨が降っている所があります。
29日の九州北部地方は、梅雨前線や湿った空気の影響により、曇りですが次第に雨となり雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。
30日の九州北部地方は、梅雨前線や湿った空気の影響により、曇りや雨で雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。
波の高さは、九州北部地方の沿岸の海域では29日は2.5メートル、30日は3メートルでしょう。
豊後水道では、29日と30日は2メートルでしょう。
福岡県の内海では、瀬戸内側では29日と30日は0.5メートルでしょう。
有明海では、29日と30日は1メートルでしょう。
<天気変化等の留意点>筑後北部では、29日06時から30日06時までの降水量は、多い所で1時間に50ミリ、24時間に150ミリの見込みです。
画像
画像
6月29日(土)[先勝]
晴のち雨

晴のち雨
夏日

最高
28℃
[+1]
最低
23℃
[-2]

時間 00-06 06-12 12-18 18-24
降水確率 --- 60% 70% 100%
風 南東の風後南の風
波 1m後2m
明日 06月30日(日)[友引]



夏日

最高
27℃
[-1]
最低
23℃
[0]

時間 00-06 06-12 12-18 18-24
降水確率 100% 90% 90% 90%
風 南西の風日中北西の風
波 2.5m後1.5m
画像
画像
画像
画像
きょうは、本州付近に停滞する梅雨前線の活動が次第に活発になります。西日本から東日本は局地的に大雨になるでしょう。短い時間に激しく降ったり、雷雨のおそれもあります。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。落雷や突風にも十分に注意して下さい。東北や北海道も午後を中心に所々で雨が降るでしょう。雨でも気温は高く、東海から西は真夏日の所がありそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック