本州付近に停滞している梅雨前線の活動が活発となっています。九州では同じ所で雨が降り続き、大雨となっている所もあります。この後も西日本から東日本の広い範囲で、大雨に厳重な警戒が必要です。
画像
梅雨前線の活動が活発化し、西日本では九州を中心に大雨となっています。このあとも梅雨前線は本州付近に停滞し、同じような所で大雨が続く恐れがあります。特に九州ではこの24時間の雨量がすでに250ミリを超えている所があり、熊本県、大分県、鹿児島県の一部には土砂災害警戒情報が発表されています(30日午後1時現在)。お住まいの地域の自治体が発表する避難情報に注意し、早めの避難を心がけてください。
画像
画像
福岡県では、土砂災害や竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。
筑後地方では、河川の増水に注意してください。
九州北部地方は、梅雨前線の影響により、雨や曇りで雷を伴い非常に激しく降っている所があります。
30日の九州北部地方は、梅雨前線の影響により、雨や曇りで雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。
福岡県では高温が予想されるため、熱中症など健康管理に注意してください。
7月1日の九州北部地方は、梅雨前線の影響により、概ね雨で雷を伴い非常に激しく降る所がありますが、次第に曇りとなるでしょう。
波の高さは、対馬海峡では、30日は2.5メートル、7月1日は1.5メートルでしょう。
九州西海上では、30日はと7月1日は2メートルでしょう。
豊後水道では、30日と7月1日は2メートルでしょう。
福岡県の内海では、30日と7月1日は0.5メートルでしょう。
<天気変化等の留意点>筑後北部では、30日12時から7月1日12時までの降水量は、多い所で1時間に50ミリ、24時間に200ミリの見込みです。
画像
6月30日(日)[友引]
曇一時雨

曇一時雨
真夏日

最高
30℃
[-1]
最低
24℃
[+3]

時間 00-06 06-12 12-18 18-24
降水確率 --- --- 80% 30%
風 南の風後北の風
波 2m後1.5m
明日 07月01日(月)[先負]
曇一時雨

曇一時雨
夏日

最高
29℃
[+1]
最低
21℃
[-4]

時間 00-06 06-12 12-18 18-24
降水確率 40% 40% 10% 10%
風 南東の風後北の風
波 1m
画像
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック